雲南市産業振興センター設立10周年を記念し、地域経済・社会の活性化や地域の課題解決に活用されるICT利活用による地域産業活性化フォーラムを開催します。

どなたでもご参加いただけます。


と き:平成27年12月21日(月) 14:30~17:20 

         ※17:30~ 大交流会

ところ:雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール 2階ホール

参加費:無料 ※大交流会は4,000円

  14:00 受付開始

  14:30 開会

  14:40 雲南市第2次産業振興ビジョンの説明

  14:55 基調講演

      「地方に広がるICT技術を活用した新産業創出のうねり」

      講師:明星大学 教授 関満博氏

  16:00 パネルディスカッション

      テーマ「ICT活用による地域産業活性化への展望」~暮らしと地域産業から考える~

       ファシリテーター:関満博氏

       パネリスト

        ★富士ソフト(株) 執行役員 本田英二氏

 

         同社が主催する「全日本ロボット相撲大会」は、「ロボット作りを通じ『ものづくり』の楽しさを

         知る」場の提供を目的に、四半世紀に渡り開催。東北大震災の復旧・復興に向けたITを活用した支

         援活動に取り組む。また、コミュニケーションがとれる会話型ロボットPALRO(パルロ)は、これか

         らのライフスタイルをどう変えることができるのだろうか。

 

        ★フランジアホールディングス 代表取締役社長 平井誠人氏

 

         Rubyを使ったシステム開発やスマートフォン向けアプリケーションの開発を行う同社は、今年9月

         に掛合町を新たな開発拠点として事業を開始。平井氏が「日本酒応援団」の発起人でもあることか

         ら、醸造時間や温度を数値化することで、高品質の日本酒を安定的に生産し、海外展開も視野に入

         れる。農林業でのIT活用も地方の現場で実践する。

 

        ★(株)アルプロンラボ     代表取締役   多根和宏氏

         

         雲南市木次町の出身で、現在はアジアとのハブである沖縄に在住。薬剤師の経験を活かし「健康食

         品・サプリメント市場」に着目し、徹底的なウェブマーケティングによりネットショッピング(e‐

         コマース)を手掛け、現在は海外展開に挑戦中。また、地域活性化につながる様々な協業を進め、

         新たな働き方模索中。

         

  17:20 終了

         移動

  17:30 大交流会 (会場:チェリヴァホール3階 大会議室、参加費4,000円)

 

■申し込み方法

 ファックスのみ(添付チラシをダウンロード印刷)

 雲南市産業振興センター 担当:渡部宛て FAX 0854-40-1059

10周年フォーラムチラシ&申込書
27地域産業活性化フォーラム チラシ.pdf
PDFファイル 876.2 KB